スポンサード リンク


2007年05月07日

タイ・バンコクにてコンドームを利用したエイズ予防キャンペーン

タイ・バンコクにて、エイズ(AIDS/HIV)対策キャンペーンが大きな成果を挙げているそうです。

例えば、こちらの画像のコンドームで作ったランプシェード。
このように常識とユーモアを交えた独自の方法で、コンドームについてタイ国内で議論を呼び起こしています。


さて、タイの女性と見るだけで全員娼婦と思ったり、エイズ患者と思い込んでしまうとんでもない日本人観光者が増えてしまっているとも聞きますが、もしそうならば日本人の思い上がりです。
普通に生活しているタイ人の貞操感は、今の日本人の女性よりも高いのでは無いでしょうか?(もちろん、今の日本人女性も貞操感のある女性も居ます。)

「コンドームを使いたがらない怖い客は日本人観光客」と反対にタイ娼婦に恐れられているとも聞く日本人観光客。コンドームを使っても心配な小心者のコメンター「バンコク情報」は、3ヶ月近くのバンコク出張では、夜のバンコクは素通りでした・笑

ま、折角のバンコクの夜ですから、楽しまれる方も多いとは思いますが、一時の快楽の為に、残りの人生を棒に振ることがないように、コンドームの利用だけは忘れずに。

いつでも、かんたんに海外航空券が買える、「自動販売機」ena




posted by バンコク情報 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

タイのエイズ(HIV感染症)感染率が・・・
Excerpt: 今日付けの讀賣新聞衛星版の「タイ・ニュースダイジェスト」コラムに、以下の様な記事が載っていた。プーケット県がエイズ予防活動住民のエイズ感染率が高いプーケット県が、現状改善のための活動を始めることになっ..
Weblog: チェンマイ雑記帳
Tracked: 2007-05-23 12:53
スポンサード リンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。