スポンサード リンク


2007年06月22日

一風かわったタイのぶどう園。タイ産ワインはいかがでしょう?

これは珍しい動画です。世界にタイだけでしかない水上ぶどう園。
タイは熱帯気候なので、実は年に2度、ぶどうが収穫できます。
それに驚いた専門家は、タイのぶどう園で採れたワインを「新緯度ワイン」と呼びます。

フランスとオーストラリアのワイン輸入業者もその味を認め、需要と輸出が急増し、1999には3パレット(1800本)しか輸出していなかったのが、今では年間20万本以上輸出しています。
最高レベルのフルボディ(長期の熟成により進化する高品質なワイン)の生産にチャレンジするところもわずかながら現れてきているそうです。

タイ・ワインの輸出は好調な一方で、国内の売上は伸びていません。売上増を阻んでいるのは、10年前に導入されたアルコール税。地元で作られたワインには200%、輸入ワインには360%もの課税がなされています。このため、国内の年間消費量は約100万リットルにとどまっており、国内生産量のわずか5%にすぎないそうです。

さて、東南アジア最大級を誇る規模のタイのぶどう園のワイン。皆さんも一度、タイ・ワインを試してみてはいかがでしょう?



いつでも、かんたんに海外航空券が買える、「自動販売機」ena




posted by バンコク情報 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサード リンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。