スポンサード リンク


2007年07月04日

アジア通貨危機から10年後の現在のタイ経済

タイ政府は1997年7月2日に変動相場制を導入しました。これは、弱体化した市場への圧力緩和が狙いでしたが、結果的にバーツは暴落し、アジア通貨危機を招くことになりました。

今は「サンドイッチマン」と呼ばれるサンドイッチ・チェーン オーナーのシリワット氏は、彼は一代で財を無し、アジア通貨危機以前は株トレーダーとして証券会社を率いていました。しかし、1997年のアジア通貨危機で破産。
お店のロゴは、風船で浮かぶバーツ通貨。そしてその下には国際通貨基金を意味する「IMF」と「1997」(仏暦2540)が描かれています。
今、シリワット氏は新事業をゆっくりと拡大しているといいます。

かつて株で一代を築き、アジア通貨危機で破産したシリワット氏は、株式市場や中央銀行、経済の動向には、今でも目を凝らしています。そして、信頼性と透明性を高め、タイ経済は進歩したが、完璧には程遠いと彼は指摘しています。

「かなり改善されていると言えます。ですが公平性や透明性という点では、欧米や日本のように国際的水準には、まだ達していないと思います。」
(うーん。日本もバブルがはじけて、とんでも無いことになりましたが・・・公的資金の導入で、金融関係だけは再編に成功したみたいだけど。)

さて、タイ経済。
アジア通貨危機から10年、回復基調にあり、最近、取引高は記録的水準に達しました。香港のほか多くのアジア諸国で見通しは良好。

1997年の通貨危機の震源地タイでも同様。タイ経済が現在、回復している証拠です。
2006年9月に樹立された軍事暫定政権は、イスラム反政府勢力の活動や民主化運動の拡大に直面しています。

チャロンポップ・スサンカーン財務相は、
「現在のタイは以前とは異なる。金融政策を進めている。
ですから97年のような通貨危機は、発生しないと確信していますが、違う形の危機に直面しないとも限りません。」
と答えています。

通貨危機後アジアでは、こうした慎重かつ建設的な考え方が経済界に広がりました。

2006年9月の政変以降、タイは外国投資の規制を開始。これを受け、地域では懸念が高まっており、「懸念」については、軍事政権も認識しています。通貨危機からの復興に数年間かかりました。ほぼ復興したところで政治危機です。

バーツに為替取引き規制を導入では、タイ証券取引所では一日の下げ幅としては最大を記録しました。タイが再び危機に陥るかも知れないとの不安が高まったのは、昨年12月のことです。



いつでも、かんたんに海外航空券が買える、「自動販売機」ena




posted by バンコク情報 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: アジア通貨危機アジア通貨危機(アジアつうかきき、the Asian Financial Crisis)とは1997年7月よりタイ王国|タイを中心に始まった、アジア各国の急激な通貨下落(減価)現象である..
Weblog: 韓国旅行
Tracked: 2008-02-03 10:21
スポンサード リンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。